ハンニバル Season3、抽象的 - ひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンニバル Season3、抽象的

ハンニバルのドラマ、マッツ・ミケルセンがとても似合ってて好きデス。

映画のハンニバルより、ドラマのほうが私は好きデス。

ドラマ ハンニバルも既にSeason3
Xファイルのジリアン・アンダーソンがベデリア役で、
今度は1話から出てます。

1話と2話を見たけど、何だか抽象的というか、ちょっと難しすぎるような内容で
理解し難いSTORYです。


思えば、マッツ・ミケルセンを最初に見たのは、
「007 カジノ・ロワイヤル」でした。
タイタンの戦いにもでてました。
ミラ・ジョヴォビッチの「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船」にもでてた。

最近では、「悪党に粛清を」
西部劇・・・?みたいだけど、ちょっと彼には不向きなような気がしました。


ドラマ「ハンニバル」、
マッツ・ミケルセン、すごく似合ってますよね~~~。




スポンサーサイト

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © ひとりごと All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。