ヘンゼルとグレーテル、ネタバレ 結局日本公開スルーでブルーレイ発売 - ひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンゼルとグレーテル、ネタバレ 結局日本公開スルーでブルーレイ発売

ヘンゼルとグレーテルのハリウッド映画。
あらすじは簡単明瞭。

おとなになったヘンデルとグレーテルの魔女退治。

主役は、、
ジェレミー・レナーとジェマ・アータートン

ジェレミーはアベンジャーズで弓の名手だったあの人ですね。

ジェマ・アータートンは、007慰めの報酬や、タイタンの戦い、プリンス・オブ・ペルシャ、などに出てましたね!


日本公開は、予定されてたようだけど、
いつしかその公開情報も削除されて、
結局は、ブルーレイ、DVD発売になったようだ。

表現がちょっとグロいところがあったし、
そこら辺が原因なのかな?

ネタバレだけど、
グレーテルが、スコップを魔女のクビに立てて、
そのまま足でスコップを力いっぱい踏み込んで切断なんてシーンもあったからね。

あっ、これネタバレだったね。

ヘンゼルは、小さい頃お菓子の食べ過ぎて低血糖症だったかな?
で、それを抑えるために、注射器常時携帯。

ちょっとブラック的要素があります。


ジェレミー・レナーとジェマ・アータートンのW主演で、
公開スルーとは、ちょっと珍しいね。


でもおもしろいよ!
おすすめだよ~~~。
グロいとこがあるけどね!


アマゾンだと限定でスチールブック仕様の
3Dと2Dのブルーレイバージョンがありますよ!





スポンサーサイト

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © ひとりごと All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。