中尾彬、呼子でイカを食べる - ひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中尾彬、呼子でイカを食べる

中尾彬が「ぴったんこカン・カン」にでていた。

場所は、唐津の呼子。

他には、池波志乃と安住紳一郎アナが同行していた。


この3人が入ったお店は、「河太郎」というイカを食べるお店でした。

呼子には、このお店以外にもイカを食べさせてくれるお店はたくさんあります。


中尾彬はたまに呼子でイカを食べるそうです。

安住アナは、初めて呼子のイカを食べて、

感動していましたね。


呼子のイカは、透き通っています。

残った部位は、ゲソ天とか煮付けにしてくれます。


呼子はヨブコと読むのに、安住アナはヨビコと読んでいた。


呼子のイカは、いまでは通販でも手に入りますよ。



このイカは、活きてるんですよ。







スポンサーサイト

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます    
Copyright © ひとりごと All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。